校長挨拶
ごあいさつ
                                         
 北海道高等聾学校長  佐藤靖典

  

 本校ウェブサイトにアクセスしていただきましてありがとうございます。
 北海道高等聾学校は、本道全域を通学区域にし、就職や進学を目前に社会に羽ばたこうとしてる聴覚に障がいのある生徒に対し、聴覚障がいに配慮しながら、高等学校に準ずる教育を行う特別支援学校です。

 本校は、小樽市の最東端に位置し札幌市手稲区や石狩市と隣接する銭函(ぜにばこ)地区にあり、春香山(はるかやま)を背にし河岸段丘に建つ校舎からは、眼下の石狩湾を渡って、遠く留萌の暑寒別連山が日本海に浮かぶように望めます。

 このような地に、昭和45(1970)年、本道の聾学校5校に併設されていた高等部が統合され、本道唯一の高等部単置の聾学校として本校が開校しました。
 その後、社会情勢や産業構造の変化などによる学科再編等の変遷を重ね、現在、本科に普通科、生活情報科、産業技術科、クリーニング科の4学科、専攻科に情報デザイン科(2年課程)を設置しています。教科学習をはじめ、学校行事、部活動、寄宿舎生活等における本科の生徒や専攻科の学生の主体的な取組を大切にし、地域や保護者の皆様、本校教育振興会や同窓会の方々に支えていただきながら、職員一丸となって、自主性の涵養と心身の調和のとれた人間形成を目指す教育に努めています。

                                   

                         校 訓

               進んで実行する人になろう(自主・自立)
               働くよろこびを知る人になろう(勤労・責任)
               伝え合うよろこびを知る人になろう(対話・協働)

 平成30年10月4日、5日に、第52回全日本聾教育研究大会北海道大会を本校主管で開催いたします。大会の成功に向け、全校を挙げて授業の改善・充実などの取組に尽力します。皆様の御支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
 大会ウェブサイトURL : https://www.zennichiro.jp/index.html

 このウェブサイトでは、行事や部活動、寄宿舎生活などの生徒の様子や学校評価などについて発信し、本校の学校運営や教育活動について分かりやすくご案内します。
 本校(本科3年、専攻科2年)への入学を考えている聾学校や中学校、高校の生徒さんや保護者の皆様、教員をはじめ聴覚障がい教育にかかわる関係機関の方々など、本校に関心のある方々に定期的にアクセスしていただけるようなウェブサイトにしたいと思います。


平成30年 第18代校長